メニュー

佐世保市の医師不足の現状

平成28年12月末現在、佐世保市の医師数は653人で、人口10万人あたり257.2人となっています。これは長崎市の439.3人、大村市の394.6人と比べ、極端に少ない数値です。
また、医師不足がさらに深刻である県北地域や離島の医療も佐世保市がカバーしています。
特に産婦人科(10万人あたり9.5人)、小児科(同12.6人)、外科(同17.3人)の医師の減少傾向が顕著になっています。
また、医師不足に加え、佐世保市の医師の高齢化も大きな問題であり、50歳以上の医師が約半数を占めています。
5年後、10年後にはさらに状況は悪化することが容易に予想されるため、佐世保市では医師の確保が喫緊の課題となっています。

作成2019-01-10

ページの先頭へ